エスちゃん。
わしは何もわからんけど、
あんたがわかっとるからええんやな。

「私たちはこれまで、
自分自身に完全に贖罪を受けれいたひとりの者が世界を癒やすことができると、何度も繰り返してきた。
まさしく、彼がそのように受け入れたのである。」

「彼は復活した神の子となった。
彼は生命を受けいれたので、死を克服した。
彼は神が彼を創造したままに自分自身を認識した。

そしてそうすることにおいて、
生きとし生けるものすべてを自分の一部と認識した。

今や彼の力には限界がない。
なぜなら、それは神の力だからである。
同様に彼の名も神の名となった。
なぜなら、もはや彼は自分自身を神から分離したものと見ていないからである。」
(マニュアル23 )

エスちゃん、
今はこれだけがたよりじゃと感じとる。
他のことはいっさいわしにはわからんけえ。

 

ここに書かれてあることに触れて、
あんたの存在みたいなものが感じられるとき、

「そしてそうすることにおいて、
生きとし生けるものすべてを自分の一部と認識した。」

と書かれてあるように、
何か、わしら全員があんたの内側におるような、
完全に安らかなあんたの内側に含まれとるような、
わしら全員が完全に平安なあんたの一部として内側に含まれとるような、
そんな一瞬の直感が感じられるんよ。

贖罪を完全に受けいれてくれとるあんたの内側に。