信仰を向ける方向

エスちゃん。
香港のニュースやコロナの狂騒について見たり読んだり、
今日のレッスン91をやったりしながら感じとることやねんけど。

わしは
自我のはたらきをフォローしとるんやな。
自我が見せとるものを見て、「わしにはこれが見えとる。これが実在しとる」と言いよる。

今、なんでか知らんけど
こうして外側で起こっとるようにみえること、
それについて感じとることについても
「自我のはたらき」ってコトバにして自覚することが
すごいたすけになるように感じるわ。

「これはわしがほしいもんじゃない」っつって
そうじゃないものを求めるっちゅう方向へ心を向けるために。

ほいでこのわしの信仰、
光でなく闇をみるという今のわしの信仰心の方向を
ひとりで逆に向けることはできんのんじゃの。

(レッスン91)
「あなたにはそれはできない。しかし、あなたがひとりでそれを行うのではない。
あなたの努力がいかにわずかなものでも、それは強力に支援されている。
それがどれほど強力なものか理解できさえしたら、あなたの疑いは消え去るだろう。」

「信仰心はあなたが欲する対象へ向けられるものであり、それに従ってあなたは自分の心に指示を与える。
あなたの意志は今もあなたの教師であり、
あなたの意志はそれが願うことを行うだけの強さを備えている。
もしみずから選択するなら、
あなたは肉体から逃れることができる。
自分の内なる強さを経験することができる。」

わしの信仰心の方向を
闇から光へ
ひとりで逆に向けることはできんけど、
それでもわしの意志には決定的な力があるんじゃの。

ラファエルも

「おまえが何を求めるかということにはめっちゃ力があるんやで」

「コースにも
『真理はあなたの欲求をとおして取り戻される。
なぜならそれは真理以外の何かへのあなたの欲求によって失われたのだから。』
って書いてあるじゃろうが」

と、この前伝えてくれとったのう。

エスちゃん、
わしがこの力を忘れんように、
この力とその結果を実感できるように、
助けてつかあさい。