悲劇のヒーローとして心を閉じるか、 金の大皿にのせて捧げるか。

 

レイさんをとおしてファンクションに参加している他のメンバーの声を聞かせてもらったとき、

最初動揺を感じ、

でもプライベートな心がないんじゃとしたら、ぜんぶ、すべて、誰かのものや自分のもののように見える思考も感情も全部浮かび上がらせるしかないよのーーー、

と思い出しながら、

ただただ感情や思考を浮かび上がらせていると、

自分の中にひとつのパターンがあるんだなあ、というのが浮き上がってきた。


自分を特別視して、

悲劇のヒーローに仕立て上げ、

心を閉じながら被害者意識をもつ、というやつ。

 


こういうパターンが滲みでとったから、
他のメンバーやファンクションそのものにたいしても心を閉じつつあったんだな、というように感じた。

それを今こうして、
起こっている(ように見える)ことを表にあげてもらえたことがすごくありがたいと感じた。

 

 

 

こういうパターンがあるなあ、と気がついたとき、

自分でそれを訂正しようとか、

こういうふうに感じない自分に、こうじゃない自分になろうとか、

そういうのが本当に無理で不可能だということを
少しずつ体験でわからせてもらえるようになってきてると感じる。

 

 

それで、ちょうど昨日ブログに書いていた
デイヴィッドの本の6章のエクササイズをやってみたら、とてもたすけになった。

 

この「問題」の本質が浮かび上がるままにして、
それを金の大皿に載せて聖霊に捧げる自分を見る。

 

すると、イメージとして、

なんか

ズタズタに切り刻まれた
赤ん坊?子ども?の自分の肉体を、

金の大皿に置いているイメージが湧いてきた。

 

(しょうこさんのブログで読んだ夢の話を思い出した。赤ん坊がなんかの儀式で首を切られて犠牲になるように見えるけど、本当は死なん、みたいな夢の話)

 


ああ、、、、

なんか、わかる気がする。。。。

 

うまく言葉でまとめれんけど、
こうして自分の本質を犠牲にしとったんじゃな、というような感覚。

自分の無垢な本質をズタズタにして犠牲にしたうえに、
あの「悲劇のヒーロー」ストーリーを成立させとったんじゃな、という感じ。

 

このイメージが湧いてきたのは、
とてもたすけになるしありがたいという感じがした。

 


この自分の無垢な本質を犠牲にしてまで、
あのストーリーが欲しかったんか???


いや、そんなわけないわ!

と、今感じることができる。

 

このようなことを意識にあげさせてもらえたことがすごくありがたい。

 

この自分でやってしまったと思ってることを、
こうして金の大皿にのっけて聖霊様に捧げます。

 

ありがとう。

ありがとう。

 


兄弟との関係だけでもあかんし、
ひとり内にこもって聖霊聖霊言っとるだけでもあかん。

両方があって、素晴らしく歩ませてもらえるんやな、という感じがした。

 

 

 

 

 

神への依存は健全で健康的。


デイヴィッド・ホフマイスター著「This Moment Is Your Miracle」6章を読んで
深く入ってきたことについてのメモ。

 


よく言われる
「自分で決めてからガイダンスを尋ねる」ということについて。
 

「プライベートな心」「プライベートな思考」をもった、ある一定の個人(である私)というのが存在すると想定していて、

その個人がどういうふうな一日の行動をとることになっているかだいたい決めた上で(「この個人なら、こういう行動するもんやろ」、みたいな。)、

その上でガイダンスを求める、というようなことをやってたんだなとあらためて感じた。

 

そうじゃなくて、その前に、もっと根本的なところでガイダンスを求めることが「真の気楽さ」につながるのか。

 

 

ーーーーーーーーーーー
(以下引用↓)

 

「今日は何をしよう?」「次は何をしようか?」
「あなたは何をしようとしてるの?」

これらの質問は聖霊に向けられたものではなく、
ガイダンスを求めて開かれたものでもないので、
真にたすけとなる質問ではありません。


これらの質問は、
何の意味もなさないような散漫な日々の経験につながります。

そこでは、
「背後にある明確な目的の感覚」なしに物事が起こるように見えます。


このように、習慣から「ガイダンスを求める前に何をするか自分で決めてしまう」というのはよくある問題です。

 

(中略)

 

心の平安は、
「何をするか自分で決めて、その後にガイダンスを尋ねる」という
このしみついた習慣がひっくり返ったところからのみ、もたらされます。
 

私たちは
聖霊が私たちに何をしてほしいのか、何を言ってほしいのかを真に尋ねる習慣を身につけなければなりません。

 
心を開いて導きを求めることで、
「独立性」と「分離による自律性」が取り除かれ、
神への依存という「健全」(healthy)な経験へと導かれるのです。

 

 

(以上引用↑)
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

healthyという言葉が、
「神への依存」という言葉にくっついて使われていたことに
何か伝わってくるものがあった。


健康的な依存。健全な依存。

小さい子どもが、親を完全に信頼してついていくような、健康さ・健全さ。

 


あと、
「背後にある明確な目的の感覚」という言葉。

「背後にある明確な目的の感覚」とともに、
毎日の時間を、
あらゆる知覚を通り抜けていきたい、というのも強く感じた。


ガイダンスを求めて、信頼して、従うことが、そうあれることにつながるんだな。

そうあれますように。

 

 

ーーーーーーーーーーー
(以下引用↓)


子どもたちは、大きな信頼を寄せている素晴らしい例です。

親と一緒に歩いている幼い子供たちは、
見ていて驚くべきものがあります。

彼らは手を挙げて、導かれることを求めているからです。


子どもたちの心は開かれていて、
発見や学びを受け入れることができます。

なぜなら彼らは自分たちが安全に導かれ、
道を示してもらえると信頼しているからです。

 


(以上引用↑)
ーーーーーーーーーーーー

 

幼い子どもが

「手を挙げて、導かれることを求めている」

この姿に、何か伝わってくるものがある。


ああ、こんなふうな、こんな幼い子供のような信頼だけがあればいいんかな・・
というような。

 


じゃあ具体的にどうやって手放して信頼していくのか?

「Exercise」として示されていた具体的な方法が
今はとても役に立つと感じた。


ーーーーーーーーーーーーー


1.
大きなことでも小さなことでも、人生のなかで、何らかの方向性をしめしてもらう必要があることを思い浮かべてください。

 

2.
目を閉じて、気づきが行き渡っていてクリアで落ち着いていると感じられる空間のなかへとリラックスしていきます。

 

3.
1で思い浮かべたことを、聖霊に捧げる準備をしながら、意識のなかに保ちます。

そして、あなたにとってのこの問題の本質をあらわすイメージが心に浮かんでくるのをゆるしてください。

時間をかけて。


4.
今、あなたの目の前に大きな丸い金の大皿があるのを想像し、
自分がこの金色の大皿に自分の問題を載せて
聖霊に捧げているのを見ます。

スピリットは、広大で暖かい光だと思ってください。

そしてそれを手放します。

何も考えようとしないでください。

あなたは自分の問題をスピリットに手渡したのですから、今、リラックスしましょう!



5.
この瞬間、自分を完全に聖霊に委ねることを想像してみてください。

役に立つと感じる限り、この聖霊との交わりの場に留まってください。

期待することなく、ただこの瞬間に身を任せてください。

 

 


今、あなたの意志と、現在ここにある信頼する能力を行使してください。

もし、自分がその状況を心配したり、
心に背負いこんだりすることに舞い戻ってしまったとしても、
それは大丈夫です。

リラックスして自分をゆるし、
ただ問題を大皿に載せてスピリットに捧げることから再び始めましょう。

そして手放すのです!

時間をかけて。


具体的な答えが出ても出なくても、スピリットに委ねたことで、
落ち着いて安心できることを知ってください。

彼があなたを導いてくれます。

特定の結果を求める気持ちは捨てて、
気づきを持ち続け、奇跡を期待しましょう。

 

 

 


「ガイダンスのための祈り」

 

聖霊、私はあなたに心を開きます。

私は喜んで、私の一歩一歩を導いてくださるようお願いし、あなたに従います。

なぜならそれが私の家路だと知っているからです。


私が一貫した平和な状態でいられるように、

あなたの平安と導きを知ることを妨げる、
すべての抵抗や恐れ、相反する願いを手放すことができるように助けてください。

アーメン。

 

(以上引用↑)
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ありがとうございます。🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

プライベートな心と永続するよろこび

 

「けんたという個人」を舞台にして現れているように見える、
「けんたという個人の状況」を使って正当化されようとしているように見える、
愛・神にたいする「わたし」の障壁をあらわにして、ゆるすこと。

そうして、罪も恐れも怒りも原因はなかったんだ、ありえなかったんだ、
完全な愛、永続するよろこびと平安以外ありえなかったんだと認識すること。

それを何よりも最優先にしたい。第一にしたい。

 


あきなさんにエクスプレッションさせてもらったとき、

「けんたがいないように感じた」
「けんたがエクスプレッションをしている様子が、どんどん仮面・よろいを脱ぎ捨てていっているように見えた」

とシェアしてもらえたことは恩寵のように感じられて、ありがたかった。

自分ではそのときそこまで「けんたはいない」という風に感じれていなかったけど、
きょうだいからそのように知覚されたと言ってもらえることで広がりのようなものとありがたさが感じられた。

 



昨日はファンクションにまつわるレイさんの何でもないコメントに、とてつもない怒りが湧いてきた。

その怒りと、怒りと攻撃を正当化する理論を組み立てようとする思考の動きが内側でありありと展開するのを見ながら、
自我という思考体系は本当にあらゆるものを利用して、
何かあればすぐに飛びついて利用して、
怒りや被害者意識を正当化する機会を手ぐすね引いて伺っているんだな・・・!
というのも思い知らされたように感じた。


レイさんのコメントがグループメッセンジャーへのコメントだったらそうしようとは思わなかったかもしれないけど、
コメントが個人メッセンジャーだったことが理由となって、そのとき自分のなかに起こっていた状況を伝えるためにzoomをさせてもらった。

つながってエクスプレッションさせてもらったけど、
そのときは怒りと被害者意識を正当化しようとする動きがかなり強く、ああこれは自我の言い張りやな、と感じながらでしかエクスプレッションできなかった。

そのときはそれはそれでしょうがない感じがして、ただエクスプレッションするだけで終わりにさせてもらった。

 

 

そのあとしばらく怒りが湧き上がるのを感じていたけど、
感情の激しさそのものは感じつつも、
どこかゆるんでいるというか、
本当にこの怒っているらしいけんたというキャラクターはいないのかもしれない、、
という感覚がほのかに感じられた。

また、このストーリーにまつわってレイさんにたいするわだかまりみたいなのができるかと思ったけど、それもこのストーリについてはないように感じた。

 

 


その後、最近、また初めてかのように触れさせてもらえているデイヴィッドの本(「This moment is your miracle」)の続きを読んだとき、何かまたすごく深く伝わってくるものがあった。


「Private thought」についての章。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓以下引用)

 

私たちの思考だけが、(プライベートな何かがあるように見える)この世界をつくっています。

ーー中略ーー

プライベートな思考をもったプライベートな心が存在する、というコンセプトが、「人間」という条件づけの根底にあります。

「人間」はプライバシーや自立性・独立性に価値を置きます。
これらが人間を人間たらしめるのだ、と言われます。

ですがこれは見せかけのゲームであり、自我の策略です。

 

 

こうした「真実ではないコンセプト」(人のプライバシーや自立性・独立性に価値があるというコンセプト)が、
「人間」というフィクション、
つまり「個人」や「分離」があり得るというフィクションを生み出しています。



このフィクションのなかではそれぞれの人が自分自身の道を歩み、

明確に分離したそれぞれの人生を送り、
ある時にのみ別の人たちと出会う・・ように見えます。

このフィクションは、決して私たちに一貫したよろこび、幸せ、平安、満足をもたらしません。

分離の信念から生じた「プライベートな心」「プライベートな思考」は
私たちを時間と空間のなかで迷わせます。

私たちは心を開いて、心を共有する必要があるのです。

 

 


(↑以上引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーー


プライベートなこころやプライベートな思考がある、ありえる、と信じている限り、
常に状況(への期待)にもとづいたアップ↑やダウン↓があり、
一貫したよろこびや幸せ、平安、満足はありえない、、、、

というのが、初めて少し感じ取れたような感じがした。

 

 

ーーーーーーーーーーー
(↓以下引用)

 


心の中のものごとを自分のなかに保っておきたい、
共有したくないという衝動は、
「自分を守りたい」という衝動から来ています。

でも、「自分を防衛する必要性」は、
私たちの自己についての幻想と同一化してしまったときにのみ生じるものです。



上がってくるちょっとした思考や、軽い心配事、小さな悩み事に気づいたとき、
それらがやってきた心の奥へと追いかけてみると、

そこには本当の自己ではない「自分」のイメージがあります。

これは本当の自己に取って代わるために作られた、ひとつのピクチャーにすぎません。

 

 


(↑以上引用)
ーーーーーーーーーーーー

 


たしかに。

上がってくるどんなささいな思いも、
それを「いつもの当たり前」としてスルーせずに
その思いが生まれた根底へと追いかけていくと、
そこには何やら
「分離した、罪深いプライベートな思考を抱えこんだ、ひどくみじめな何か」
という自己イメージのようなものがあると感じられる。

 

こんなみじめな自己イメージを「これが自分だから守りたい」と思って、
そのために
プライベートな思考を内側に保っておきたいということをやってるのか。

 

 

 

ーーーーーーーーーーー
(↓以下引用)

この世界では、良いことや悪いことが起きるわけではありません。

どんな形があらわれようとそれらの形を判断せず、
それらすべてを
自分の恐れや疑念、信念を露わにする機会として捉えることを学べばいいのです。

 

私たちは物事を背負い込むこと、
個人的に受け取ること、
それによって嫌な気分になること、
そして自分は何かをシェアする価値もない、無価値な存在だと感じることにあまりにも慣れすぎてきました。

 

「外側の世界を経験し、外側の世界を知覚する」ということは、

プライベートな思考を隠し、
プライベートな思考を持ち続けることから生じています。



あなたが自分の思考や信念についてもっと自覚するようになったとき、
形の上で起こるように見えることが、
自分の内なる感覚の経験とつながっていることを発見するでしょう。

内側の世界と外側の世界は本当は違うものではなく、
溶け合っているものなのです。

心の外側に世界があるように見えますが、実は外には何もありません。

「外側」は「心」と同じ意味なのです。

 

つまり、対人関係の問題は本当は存在しません。
あなたは本当は身体的な問題を抱えていません。
環境についての問題も、本当はありません。

すべてはあなたの心のなかにあるのです。
すべては精神的なものなのです。

 

 


(↑以上引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

プライベートな思考、プライベートな心がありえるというコンセプト=誤ったフィクションが、
「外側の世界」というものがあり得る、というコンセプトをも生んでるのか・・・・!

 

「外側」がある以上、
「外側」にほんろうされる被害者になれるし、言い張れるし、
そんな「外側」を攻撃することも正当化される。

 

自分のことをプライベートな心やプライベートな思考をもった存在だと信じ続けている限り、
↑これ(「外側」が存在する、被害者・攻撃劇場)からは逃れられん、っていうことか。


そりゃあ永続するよろこびや幸せや平安や満足は、プライベートな心と思考があると信じている限り得られんわけやな。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓以下引用)

心を癒やし、自由とよろこびに開かれていくためには、
「もっともプライベートな思考」を開放することで大きな変化が起こります。

他のすべての「プライベートな思考」の下に、
心にとどめておくのが耐えられない、
コアの秘密の思考があります。

それは「私は神から分離している」(=私は完全な愛、平安、よろこびから分離している)という考えです。

このコアのプライベートな思考が
「時間という信念」を誕生させ、
全世界を投影しています。



この思考(「私は神から分離している」)は、
「これは楽しいことだ」と信じられている物事だけでなく、
「恐怖を感じる対象」すべてを「外側のどこかにある」ことにしてしまいます。

このようにしてよろこびや痛みといった信念が生じ、
自分は体であるという信念を強化しようとします。

体を重要視し、体と一体化しようとする思考は、
「(神・愛からの)分離というコアのプライベートな思考」を覆い隠すための
希釈されたプライベートな思考といえるでしょう。



(↑以上引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーー


ここに書かれていることが、
自分のなかに深く浸透していきますように。

私にあると信じているプライベートな思考、プライベートな心が
光のなかで溶け去っていきますように。

そのために、わたしの時間が使われますように。

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎瞬

 

毎日が、あの「青森から帰る新幹線」からの、新しいスタート。

外側の状況とか人間関係とか外側から与えられる(ようにみえる)価値とか自分で積み上げてきたと思ってきたものとか、

すべてを失ったように見えたとしても、

結局最後、自分のこころに向かうしかない。

そこからのスタート。

そしてどう向かうかというと、Davidの本にあった

"unveiling and forgiving your blocks to love"

「愛をはばんでいる自分自身のブロックをあらわにして、ゆるすこと」。

これしかない。

それと、イエスマグダラのマリアに開くこと。

 

それ以外の考えは、
深い怒り・罪・罪悪感をこの世界を使って正当化するための、
全部不要で理不尽で意味のない期待でしかない。

ありがとうございます🙏🙏🙏

 

 

 

「あなたは神に創造されたままの完全な神の子・スピリットです」


今日の勉強会、
はるかさんのときの内容もとてもたすけになった。


「あなたは神に創造されたままの完全な神の子です」「完全なスピリットです」

そう言われて、それを受け入れることに大きな抵抗があることに気づかせてもらえた。


でもそれを浸透させて受け入れようとしてみると、

普段「これがわたしだ」と思っている層とは別のレイヤーに意識の重心がうつるような感覚があった。

そして普段「これがわたしだ」と思っている層にあてがっていた重要性・深刻さみたいなものが軽くなるというか、ニュートラルなものに感じられる感触があった。



普段「これがわたしだ」と思っている層は、
「あなたは完全な神の子・スピリットです」を受け入れるなんてとんでもないという前提、
私は罪深くて欠損したものだから、
それをカバーするためになんらかのことを為すものでなければいけない、
というような大前提のもとに築かれた層のように感じられる。

この層のなかでいくら新たな気づきがあって、広がったような感覚を得たとしても、
大前提がこれなので、どうしようもなく
この「罪」「欠損」というところに立ち戻ることになって、
「俺」「自分」が何かをなすものにならなければ・・!!
というモードに戻って来ることになる、、、と感じる。


それが、
「あなたは神に創造されたままの完全な神の子・スピリットです」という聖霊の見方を受け入れたと想像すると、
意識の重心が別の層、そっちの層に移るように感じられて、

いままで深刻さや「俺が」「自分が」という不自由さを感じていた従来の層のあらゆることが、その層のすべてが、どうでもいいというか、自由自在というか、なにが露わになっても大丈夫というか、そういう自由さが感じられてくるような感覚がする。


いままで頑なに拒否ってきた「あなたは神に創造されたままの完全な神の子です」「完全なスピリットです」ということを、
本当に受け入れていきたい。

 

 

 

 

【真我なるハート|奇跡講座勉強会】 YouTubeライブ配信のお知らせ

 

blog.goo.ne.jp

mokumokuchang.hatenablog.com

 


わたしは奇跡講座に書かれてある内容を『神の使者』(ゲイリー・レナード著)で知ったころから、「この本はすげー!!!完璧だ」みたいに考えていました。


が、本の内容を読んで学ぶことと、実践とはまったく違うんだな・・・ということが、
少しずつ実感されるようになってきています。



このいのち全部において、
すべてを手放し神・聖霊に全託することについて、
それは何らかの犠牲者になることではなく、
本当にそこにこそ、そこにだけ、真のよろこびがあるんだ・・ということ。

以前は到底受け入れることのできなかったことですが、
「本当にそうなのかもしれない・・!」と、おかげさまで少しずつ、少しずつ、感じさせてもらえるようになってきてる感触があります。



「愛の自覚をはばんでいる障壁を浮かび上がらせ、ゆるし、解放を受け入れる」

そのための学び合いの場、分かち合いの場である真我なるハートの勉強会が
YouTubeで無料ライブ配信されます。

すこしでも興味を感じる方は
誰でも無料で視聴できますので、ぜひアクセスしてみてください。

 



【無料YouTubeライブ配信概要】

2021年7月11日(日)19:30〜開催

・視聴参加方法

ライブ配信時間に【真我なるハート】YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/norikoheart)を開けば生配信動画をチェックできます。



・見逃さないためには・・

チャンネル登録をした上で、ベルマーク🔔をクリックして
「このチャンネルからの通知を受け取る」設定にしておくと、ライブ配信や新規動画のお知らせ通知を受け取れます。



・チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UC-qXnzO5SvR9HNptyarLXFg

 

 

 

 

 

 

静岡〜石川〜新潟の旅③【何のためにここにいるのか?】


エクスプレッションセッションの撮影が終わった後、
撮影のかたづけをしてから、一息つける時間になった。

のりこさんたちは何か買い物に行くとのことだったけど、
自分はどういうわけかとても眠たくなり、
しばらく眠ることになった。



目を覚ますとみんなが帰ってきていて、
食事をとりはじめるところだった。

自分も起き出していって、前日の残り飯をいただくことにした。

席があればダイニングテーブルに座ろうと思たけど、
そこのダイニングテーブルは4人がけでもう座る席がなかったので、
隣のリビングルームに食事をもっていって食べ始めた。

そうしているうちに、ダイニングにいる4人で明日以降の予定についてのミーティングが始まったのが聞こえてきた。

 

そのときの自分のなかに上がってきた思考:

 

「前日、無価値感で動けなかったときですら、ミーティングの輪に加えてもらえていたのに、今のこれはいったい何が起こってるんだ!!????俺は除外されているのか!!???」

 

自分だけ除外されている、という被害者意識にもっていこうとする思考がどんどん上がってくるのに気がついた。

 


多分以前だったらその被害者意識に飲み込まれていたと思うような状況と思考だった。

 

 

ただこのときは、あの祈りに触れられたことからくる深い力のようなものが感じられていたのだと思う。

自分を被害者にしようとする思考は次々に上がってくるけど、
被害者意識に飲み込まれる前に、ある質問と答えが浮かんできた。

 


「自分は何のためにここにいるのか?」


「他のみんなに、メンバーの一員のように扱ってもらうため、ではない」

「他のみんなに、仲間だと感じさせてもらうため、ではない」

 

 

そうではなく、

「愛の自覚を阻んでいる障壁が浮かび上がって解放されていくためにここにいる」

「自分のなかに何が上がってこようとも、その自分のこころぜんぶまるとごそのままを、
全体である【わたしというひとつのこころ】にとって真のたすけとなるよう
使ってもらうためだけにここにいる」

 


自分のなかに湧いてきたこの質問と答えが、アンカーのように自分を中心につなぎとめてくれたように感じる。


そして今自分が知覚していること(明日以降の予定のミーティングについて除外されているように見えること)も、さまざまな理由により『十分起こり得ることなんだ』と受け入れることができ始めた。


こうして、他の4人のミーティングが終わり
次のファンクションにみんなで移ろうとなったとき、
被害者意識をもつことなく、
自然にそのファンクションに参加させてもらうことができた。


このことは、
あの祈りに触れさせてもらえたことの意味と力について、
より深く納得させてもらえるための機会だったように感じる。